Menu
取締役
マネジメントチーム

Stephen Allen

B.Com., Dip. P.E.

1996年より取締役を務めるスティーブは、2003年Tatua取締役会長に就任。1886年からピアコ地方で家族経営を営む農家の5代目。このアレン・ファミリーは、第一次世界大戦後以来、Tatua のサプライヤーです。
スティーブは IBMニュージーランドでの商業部門経験を経て、乳業界ではNZ Dairy BoardおよびLIC (Livestock Improvement Corporation)での管理職を歴任。近年、地域における持続可能な酪農業と水の配分に関わる開発を監督するWaikato Dairy Leaders Groupメンバーとなった彼は、民間企業数社の取締役を務めるとともに、ワイカトに拠点を置くDavid Johnstone Charitable Trust理事。

David Muggeridge

 

1986年よりTatua組合員であるデヴィッドは、1999年取締役に就任。機械工学士である彼の農業、特に草地管理の分野に対する革新的なアプローチにより、その特性が大規模な土壌肥沃度試験に活かされています。

Peter Schuyt

B.Com., MinstD, C.F.Inst.D

NZ Milk Products (Fonterra)及びNew Zealand Dairy Boardの最高財務責任者を務めるなど、乳業界経験25年以上を誇るピーターは、2009年より独立取締役。元NZ Post Group最高財務責任者。
ニュージーランドに拠点を置き、世界的に事業を展開している主要企業で財務・戦略的な経営や、管理・指導的な立場からも数々の経歴を積んできた彼は現在、ニュージーランド企業2社の取締役会長を務めるとともに、ニュージーランドをベースにしたリテール、輸出、金融サービスおよびリサーチ分野の数々の組織で、非業務執行取締役を兼任。

Dr. Louise Cullen

B.Sc. (Hons) PhD (Lincoln), Dip. Man.

ルイーズは2016年に取締役会に加わりました。実践的な農場経験も持つ環境・エコロジー科学の専門家です。生態学と植物学を修めLincoln Universityの森林生態学PhDを取得。夫のリチャードと共に1924年から継承されている家族の農場と他の農場数社の役員も務めています。調査研究、環境コンサルタント、非営利団体運営など幅広く活動中。2003年に経営学を修め現在はNZ農業経営学位取得に励んでいます。Primary ITO Industry Partnership Groupメンバー。


Richard Luxton

B.Com., Dip. AgriBus.

Richard joined the Tatua board in December 2018. He continues a proud family history with Tatua; the Luxton family have continuously supplied milk to Tatua since 1921. He is a sixth generation dairy farmer.

Richard’s career has included time in the Manufacturing and Supply chain industry, both locally and globally, prior to focusing on dairy farming. He has extensive corporate farming experience having been involved in managing two large scale farming businesses in both the North and South Island.  His educational background includes a Commerce degree and Diploma in Agribusiness. In 2013, Richard completed the Kellogg rural leadership programme.

He is a director of JD & RD Wallace Ltd and Kotare Ltd, two Waikato and King Country based farming groups. Richard is also on the St Peter’s School Foundation committee.

Ross Townshend

Tech (Massey), AMP (Harvard)

2009年より独立取締役を務めるロスは、New Zealand Dairy GroupやNew Zealand Dairy Foodsに加え、さらに大きな舞台であるオーストラレーシアの乳業界でも豊富な経営経験を積み、肉、パッケージング、食品、羊毛産業からエンジニアリング、イノベーション、コンサルティングまで幅広い分野の国際上級管理者を歴任。フードテクノロジストである彼は、ハーバード・ビジネス・スクール上級管理職プログラムAMP/ISMP修了。農業に関心が高く、エンジニアリングおよび民間企業数社の取締役も兼任。

 

Mark Dewdney

 

B.M.S.

2012年より取締役を務めるマークのTatuaとの結びつきは、まさに誕生時から。父の ニールが代表取締役社長を務めていたTatua敷地内にある家で生まれ育った彼は、Tatua、New Zealand Dairy Group(統括マネージャー)、Fonterra(アジア・イングレディエンツ業務執行取締役)、Livestock Improvement (最高経営責任者)、PGG Wrightson(最高経営責任者)をはじめとする乳業界大手で数々の上級管理職を歴任。現在はDairy Goat Co-operative独立取締役でもある。

Dr. Kevin Old


B.M.S., M.B.A., PhD (Waikato)

1993年より取締役を務めるケヴィンのTatuaとの結びつきは、実に3世代以上遡ります。
ケヴィンの関心はTatuaのサプライヤーである家族経営農場。Dairy Companies Association of New Zealandのメンバーである彼は、New Zealand Animal Evaluation Limited元取締役。National Animal IdentificationおよびTracing projectのガバナンスグループメンバーであった彼は、現在OSPRI Stakeholders’ Councilの一員。1998年権威あるナフィールド奨学金受賞。現在リンカーン大学農業経営研究上級講師。